ローン借入4件あっても借りれる不動産担保ローン(他社で断られた方も融資)

ローン借金4件の多重債務でも借りれる審査が甘い不動産担保ローン~トラストホールディングス

ローンの借入4件ある多重債務者の方でも簡単に借りれる不動産担保ローンはトラストホールディングスです。

審査が甘く、早く、低金利でお得です

借りてみる⇒トラストホールディングスはネットで簡単申し込み

トラストホールディングスは10年以上の運営歴がある安心の不動産担保ローン会社です。

今まで数多くの融資実績があり、多少ローンの審査に自信が無い方でも貸してくれることが多いです。

勿論、ローンの借入件数が既に4件ある方でも、問題なく借りれます。

また4件の借金を1件におまとめ一本化することも可能です。

つまり、おまとめローン目的の利用も可能。

あとトラストホールディングスの凄い所は即日融資に対応している点です。

通常、不動産担保ローンは不動産を扱うローンだけに審査や融資に時間がかかるものです。

大抵は申し込みから融資まで1週間~10日以上かかります。

しかしトラストホールディングスは、最短で当日融資が可能!

これは凄いですね!

お急ぎでまとまったお金が必要な方はトラストホールディングスは非常にありがたい存在です。

他社4件のローンがあっても、ほぼ確実に融資をしてくれます。

早ければ即日で!

借りてみる⇒トラストホールディングスはネットで簡単申し込み

なぜ不動産担保ローンはローン借入4件でも融資を受けられるのか?

不動産担保ローンは、ローンの借入4件ある人でも審査に通すか?そして融資をしてくれるか?

通常、無担保ローン・・・例をあげると消費者金融、カードローン、クレジットカードのキャッシング枠、その他目的ローンなどは、既に4件もローンの借金が有る人はなかなか貸しません。

借金の借入件数が4件以上になると多重債務者とみなされて、どこのローン会社も貸し倒れを恐れて融資をなかなかしてくれません。

4件もの借金を抱えている人は、当然生活もカツカツで返済能力も著しく減退した状態の人だとローン会社から悪く評価され警戒されます。

警戒されるとなかなかお金を貸してもらえません。

ローン会社が返済能力が著しく減退した人に間違って融資しようものならば、貸し倒れになるリスクが高いからです。

借金が4件もあると将来、任意整理や自己破産などされるリスクがあります。

債務者に自己破産でもされると、そのローン会社は債務者から債権を回収できずに貸し倒れで損をしてしまいます。

しかし、これがもし不動産担保ローンならば貸し倒れになるリスクはほとんどありません。

なぜなら、担保不動産があるからです。

ローン会社からすると、債務者が融資契約時に抵当権設定した不動産担保がある限り、万が一の時は確実に債権を回収できます。

仮に債務者が返済不能になっても、ローン会社は担保不動産を売却することで債権を回収できるからです。

つまり取りっぱぐれが無いのです。

そう、、不動産担保ローンは万が一の時でも、債権の取りっぱぐれが無いのが分っているから、消費者金融やカードローンなどの無担保ローンよりも審査が甘いのです。

借り手が既にローンの借入が3件あろうが4件あろうが、不動産担保ローン会社にとっては関係ありません。

4件程度の借金ならば、万が一の時があっても担保不動産の売却で簡単に回収できるでしょう。

世の中の大半のノンバンク系の中小不動産担保ローンはローン借入4件ある人でも融資を受け付けてくれます。

その中で審査が甘くて、審査が早くて、お得な貸付条件で融資をしてくれるのがトラストホールディングスの不動産担保ローンです。

借りてみる⇒トラストホールディングスはネットで簡単申し込み